title.gif

橘公園

【フェニックス立枯病の経緯】


 フェニックス樹の立枯病の発生は、造成地や切り土などの土壌養分の少ない場所で多く見られます。

 一般的に立枯病樹と言っていますが、フザリュウム菌が検出された立枯病樹と検出されない衰弱症(仮称)樹の二種類の区別がされます。


【アメリカにおけるカナリーヤシの立枯病】

カルフォルニア州の各地で発生している。発生時期は明らかでないが日本より早いと思われる。
1)病原菌:GliocladiumとFusarium oxysporumの単独か共同
2)病徴
 古い葉から若葉へと順に枯死していき、やがて幼葉のみが侵されずに残る。新しい葉が形成されず、やがて芽まで侵され枯死にいたる。感染後数ケ月で枯死するものもあれば、数年生きる株もある。
 典型的な病徴は、葉基の片側のトゲが茶色になり、葉の先端へと主茎にそって枯死する。トゲが枯死するまえに壊死条斑が見られることもある。主茎と葉の維管束が褐変している。
3)病原体の分離:基本的な診断法は組織からカビ(病原体)を分離すること。
4)防除法:本病に罹ると防除法はない。唯一の対策としては、病気の蔓延を防ぐことである。剪定による切り過ぎをしない。
5)伝 染:本病原菌は土壌感染する。なお、剪定に使用するハサミ・ノコ等によって伝染すると考えられている。

【国内における研究】

1)国内の初発生:1974年鹿児島県で初発生を確認
2)病徴
 この症状は下葉から枯れ始め、次第に上葉に進展する。初期には葉身の半分が枯れるのが特徴である。被害株中肋の導管部は褐変しており、導管内に多数の菌糸が認められる。これらの症状からは、PDA培地で白色綿毛状の菌糸が優占的に分離された。
フザリュウム

同樹木
フザリュウム
平成12年8月24日:健全木
平成15年9月29日:フザリュウム菌による被害木
フザリュウム
フザリュウム
フザリュウム
フザリュウム菌による被害状況
茎から侵入したフザリュウム菌
による初期症状

フザリュウム菌の侵入がみられる茎の断片

3)病原菌:Fusarium oxysporum Schl. emend. et Hans.
4)形 態:PDA培地で白色綿毛状の菌叢を呈する。菌糸は隔膜を有し、隔膜のない短い担子梗上に無色単胞楕円形の小型分生子を擬頭状に形成する。時には大型分生子の形成も認められる。古くなると厚膜胞子が多数形成される。

【対策方法】

現在有効と思われる対策方法は、樹勢を保つことです。

SME(樹勢回復)
環境保全型の特殊肥料を用いてボーリング工法や土壌潅注という従来にない特殊工法。

土壌かくはん
発根を促すために土壌をかき混ぜ土に大量の酸素を供給する(エアレーション)。

剪定による切り過ぎを防ぐ

詳しい対策方法・お問合せは
株式会社 馬原造園建設 mahara@mahara.co.jp
TEL 0985-30-3030 FAX 0985-30-3035



BACK


フェニックスの現状 | ワシントニアパーム落下防止 | ビオトープ | 会社案内 |
HOME