title.gif

【ワシントニアパームの枝葉落下について】


※本来のワシントニアパームの姿(アメリカ カルフォルニアにて)※
写真
写真
写真
写真
写真

 ワシントニアパームの枯損枝が風雨などにより落下し、歩行者や通行車輌等にぶつかるなどの被害を及ぼす危険な状況や落下した枝葉が道路などに散乱し通行のさまたげや街の景観を損なっていました。その対応を官公庁(国・県・市等)の発注(設計)に基づき定期的に枯損枝の除去を行って来ました。

 今までの方法による作業では、高所での作業による危険性、枯れ枝の伐採作業、清掃、メンテナンスなどの費用もかかり、多大なコストがかかっていました。
 それに加え枝葉の伐採で本来のいきいきとしたワシントニアパームの樹形とは違うものになり、景観としても南国宮崎のイメージを損なうものになっていました。

 馬原造園建設では、現行の方法よりもっとよいものを目指し研究・開発を進めて参りました。

 その結果、従来の工法・作業に変わり独自技術の落下防止器具開発で、景観を損なわず枯損枝の落下を抑え、枝葉の清掃作業や枝葉伐採、メンテナンス作業が減少し、かなりの費用対策効果があらわれています。

写真
※落下防止部品一部紹介 「メッシュネット」
この他部品の組合せで状況にあった設置施工致します。

下写真は、メッシュネットを使用した設置例
写真
写真
設置・作業前
設置・作業後


安全・低コストのワシントニアパーム落下防止設置施工に関して詳しいお問合せは
株式会社 馬原造園建設 mahara@mahara.co.jp
TEL 0985-30-3030 FAX 0985-30-3035



フェニックス
ビオトープ


フェニックスの現状 | ワシントニアパーム落下防止 | ビオトープ | 会社案内 |
HOME